ゆる~い楽器!オタマトーンneo購入レビュー【他の種類との違いもご紹介】

こんにちは、おまつです!

今回はオタマトーンneoのご紹介です!
ゆるい見た目と、ゆるい音のでる、音符型電子楽器「オタマトーン」。

オタマトーンneoは、オタマトーン10周年記念に発売をされたモデルです。
スマホにつなげて様々な楽器の音で演奏ができる機能がついています。

オタマトーンneoを購入したので、写真と合わせてご紹介します!

目次

【オタマトーンneo】とは。

オタマトーンneo/オタマトーン公式ページより

オタマトーンneoとは、音符の形をした楽器「オタマトーン」の10周年発売記念モデルです。
スタンダードオタマトーンと大きさは殆ど変わりませんが、「演奏のしやすさ」が向上し、「スマホと繋げて遊べる機能」がついております。

パッケージもボックス型でとても可愛らしかったです!

演奏方法について。

オタマトーンのしっぽスイッチ

演奏方法についてはスタンダードと全く同じです。

電源を入れて、しっぽスイッチを上下に触れることで音程を変えられます。
上にふれるほど高く、下にふれるほど低い音がでます。

オタマの口の部分をパクパクさせることでビブラートをかけることも可能です。

ゆるい見た目と、ゆる~い音がとても癒されます~


「ぷわ~」というゆるーい音で愛着がわきます。笑


【オタマトーンneo】他の種類との違いをご紹介

オタマトーンは様々な種類が発売されており、特徴や違いが分かりづらいですよね。
neoの特徴と他の種類との違いについてご紹介します。

スタンダードからパワーアップしたオタマトーン

neoはスタンダードを演奏しやすく改良&オタマトーンリンク機能が追加されたオタマトーンです。
まとめると、変わった点は以下の5点になります。

  1. 電池の切り忘れ防止のパワーランプ付
  2. オタマトーンリンク機能アリ
  3. しっぽスイッチの幅がUP
  4. 肢の太さがUP
  5. 大きさが1.5㎝UP(28㎝)
オタマトーン公式ページより
オタマトーン公式ページより

一番の特徴は「オタマトーンリンク機能」がついていることですね!
「オタマトーンリンク機能」とは、スマホのアプリ「オタマトーンスタジオ」を使って、様々な楽器の音で遊べる機能のことです。

また、色は白か黒の2択となっております。

オタマトーンスタジオで遊ばないなら、デザインがたくさんでているスタンダードで良いかも!

気になるお値段は??

スタンダードは定価2800円ですが、neoは定価4200円と少しお高めです!

オタマトーンデラックスとの比較

オタマトーンの中でも大きな種類のデラックスと比較するとこのサイズ感です。

オタマトーンデラックスとneoの比較
  • オタマトーンテクノ(44㎝)
  • オタマトーンデラックス(44㎝)
  • オタマトーンneo(28.5㎝)
  • オタマトーンスタンダード(27㎝)

デラックスと比べると、とても小さく感じました。笑
音量はオタマトーンデラックスのほうがかなり大きいです。

デラックスにはオタマトーンリンク機能はついていませんが、ステレオジャックとDCジャックがついています。

大きさや、音量の違い、機能の違いで自分に合ったオタマトーンの種類を選んでみてね!



デラックスの購入レビューもしているので良ければご覧ください。

【オタマトーンneo】オタマトーンスタジオについて

オタマトーンneo(オタマトーン公式ページより)

スタンダードとの一番の違いはオタマトーンスタジオで遊べることです。

オタマトーンスタジオとは

オタマトーンスタジオとは、スマホと繋げて遊べるようになるオタマトーンのオフィシャルアプリです。

アプリをDLし、スマホとオタマトーンと繋げることで、いろいろな楽器の音に変えたり、スケールを変える事ができます。

遊びの幅がかなり広がる機能だね!

オタマトーンスタジオで遊べる種類は?
オタマトーンスタジオを使って遊べるのは、「neo」か「テクノ」です。
「テクノ」は、「デラックス」と同じ44㎝と大きなオタマトーンです!

iPhoneの場合、変換用のアダプターが必要

オタマトーンneoには、3.5mm4極ステレオミニケーブルとテスト用電池がついています。

「スマートフォンにアプリを入れたらすぐに遊べる!」と思っていたのですが、iPhoneの場合は変換アダプターの購入が必要でした。

すぐにあそべると思ったのに・・・。

私のようにならないように、スマホにイヤフォンジャックがない場合は先に購入をしておきましょう。

オタマトーンスタジオの内容

オタマトーンリンク機能で遊ぶには、スマートフォンのアプリで「オタマトーンスタジオ」をインストールする必要があります。

オタマトーンスタジオを利用することで以下の5つの遊び方が可能です。

  • 楽器音の変更
  • スケール(音階)の変更
  • エフェクト機能
  • リズムの追加
  • キーボードでの演奏

ただ無課金の場合、遊べる幅は少ないなと感じました。
無課金だと楽器の音は「オタマトーン」、「アルトサックス」、「エレキギター」のみ。

オタマトーンスタジオ

課金(490円)をした場合は、「猫の声」や「フルート」「トランペット」など演奏の幅が広がります。
リンク機能目当てで購入される方は課金したほうが楽しめそうです!

無課金の場合、「楽器音」「スケール」「リズムの追加」が各3種類しか遊べません。
課金をすると各9種類まで遊べるようになります!

オタマトーンneoは遊び方次第で1人で合奏できるのも楽しいですね。
(かなりの練習が必要かと思いますが・・。)

【オタマトーンneo】購入した感想

今回、オタマトーンneoを購入しましたが、スタンダードから更に新たな機能もついて満足しました。

「スマホにつなげてアプリを通して遊べる」


これが、オタマトーンneoの一番のメリットですね。

  • スタンダードは既にもっていて新たなオタマトーンがほしい!
  • お子様のプレゼントに!
  • いろいろな楽器の音で遊びたい!

このような方に「オタマト-ン neoはぴったりかと思います。
パッケージもかわいらしく、遊び方の幅も広がっています。

シンプルな機能のみで良ければ「スタンダード」で十分だと思います。

ぜひ、明和電機のオタマトーンをお家に迎えてみてください♪


\ オタマトーンの種類を比較した記事はこちら /


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

20代後半OL。2年付き合っている彼と同棲をしながら自由気ままに暮らしています。
少し変わったものやお酒が好き。気になる情報や、商品、食べ飲みに行ったお店の紹介レポなどを書いています。

コメント

コメントする

目次
閉じる