イヤホンやヘッドホンでつなげる!オタマトーンデラックスを購入してみた


こんにちは!
今回はオタマトーンの中でも大きい種類、「オタマトーン デラックス 」の紹介です。

イヤホンにつなげられるオタマトーンはどれ?
デラックスを購入してどうだった?

このような疑問にお応えします!


オタマトーンの種類と比較はこちら ⇓

目次

オタマトーンデラックスはイヤホンやヘッドホンにつなげられる!

オタマトーンデラックスは、44㎝と大きな種類のオタマトーンです。(スタンダードは27㎝)

そしてヘッドホンジャックと、DCジャックがついているのが特徴。
(スタンダードシリーズにはありません)

オタマトーンの後ろ側

ちなみに、ヘッドホンジャック・DCジャックがついている種類は2種類です。

テクノはスマホのアプリと連携して遊べる機能があるオタマトーンだよ!


どちらも、ACアダプターとヘッドホン・イヤホンはついていないので、必要な場合は自分で用意しましょう!

注意!デラックスは、ヘッドホン・イヤホンをしても音が漏れます

「オタマトーンの音量が気になる!」という方もいるかと思います。

デラックスの注意点ですが、イヤホン・ヘッドホンを繋げて遊んだ際に本体からも音がでます。

音を全くだしたくない!という方は気を付けておきたいポイントです。

絶対音漏れしたくない方にはオタマトーンテクノがおすすめ!
テクノは音漏れもしませんし、「オタマトーンリンク機能」がついた種類です。
 ※スマホのアプリとオタマトーンをつなげて遊べる機能

お値段的にはデラックスより少しお高め!

オタマトーンデラックスの特徴や他の種類との違いは?

オタマトーンデラックスの特徴・ほかの種類との違いは以下になります。

  • スタンダードやneoより大きい(大きさ1.5倍の44㎝)
  • DCジャック・イヤホンジャックあり
    (スタンダード・neoにはない)


一番の違いはやはり「大きさ」ですね。

左:デラックス 右:neo

写真はneoと比較したものです。
(デラックス:44㎝ / neo :28.5cm )

44㎝もあるので、しっかりと存在感がありました。笑

オタマトーン外箱

外箱には、オタマトーンを開発した明和電機の土佐社長が印刷されています!

オタマトーンデラックスはサイズが大きい分だけ音量も大きい

大きいオタマトーン(テクノとデラックス)は、音量も大きめです。
音量MAXにしてオタマの口をあけて演奏するとうるさいレベル。笑

スタンダードなどの小さい種類と比較すると、大きさが全然ちがいます。

ただ、デラックスとテクノは音量調節がダイヤル式です。

細かく調節ができるので、それは良いなと思いました!
(スタンダードやneoは、3段階のスイッチ式)

【オタマトーン】デラックスのメリット・デメリット

オタマトーンデラックスを購入してみて感じた、メリットデメリットはこちら。

メリットデメリット
サイズが大きいので大人でも演奏しやすい
充電しながら遊ぶことが可能
スピーカーにつなげて遊ぶことが可能
イヤホンをして遊んだ時にも本体から音が漏れる
音量が大きい!(人によればメリット)
種類が白色か黒色の2色のみ

デラックスは、イヤホンをしても本体から音が出る点が少し気になります。
あと音量はマックスにするとかなり大きく、窓を開けていると演奏するのもためらうレベルです。

デラックスの魅力はやはり「大きさ」ですね!

存在感があってとてもかわいらしいので、大きなオタマトーンがほしい!という方にはとてもおすすめできますよ♪

【オタマトーン】デラックスを購入する場合はネットからが確実です

楽器屋さんでオタマトーンデラックスはあまり見かけません。
(スタンダードオタマトーンならたまに見かけますが・・。)

オタマトーン自体そこまでメジャーではないので販売している店舗・種類は限られているようですね。

スタンダード以外の種類を購入する場合はamazonや楽天からの方が確実かと思います。

実際に私もamazonから購入をしました。⇓

オタマトーン デラックス (ホワイト)

ぜひ大きなオタマトーンで遊んでみてね




  \ ほかの種類と比較する /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

20代後半OL。2年付き合っている彼と同棲をしながら自由気ままに暮らしています。
少し変わったものやお酒が好き。気になる情報や、商品、食べ飲みに行ったお店の紹介レポなどを書いています。

コメント

コメントする

目次
閉じる